■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017年07月 次月>>
■PROFILE■
    管理者のプロフィール。
  • masa(681)
■最近の書き込み■
■最近のコメント■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
  • サイト内検索
  • 処理時間 0.381657秒

決勝トーナメント予想。ゴールデンエイジ。
とりあえず決勝トーナメント1回戦の予想。
全体的に過去を見ても決勝トーナメントの1回戦は
波乱は起こっていない。ということでそういう予想。

■1回戦1 ドイツ(A組1位)2-1スウェーデン(B組2位)
クローゼのゴール、バラックのミドル。
ラーションの折り返しをユングベリのヘッドで、
2-1でドイツ。

■1回戦2 アルゼンチン(C組1位)3-0メキシコ(D組2位)
当然まけたら終わりということでアルゼンチンも基本は守りから。
リケルメ。僕が今一番大好きな選手。ジェラードも好きだけど。
前半27分、リケルメのスルーパスをクレスポがゴール左隅に!
後半19分、メキシコが攻撃的になった隙を、交代で入ったサビオラのゴール!
後半44分、試合を決める追加点をテベスのドリブル!
そんな感じで3-0。

■1回戦3 イングランド(B組1位)3-1エクアドル(A組2位)
エクアドルは勝つ要素はないでしょう。
明らかにイングランドは決勝用の調整。
エクアドルは予選リーグ用の調整。ということで。
エクアドルは高地でないと勝てないと思っていたから結構意外だけど、ここで力尽きるでしょう。
前半42分ジェラードのミドル!
後半5分ベッカムのクロスをクラウチが落としたところをJ・コールのゴール!
後半10分オフサイドラインをデルガドが突破しゴール!
後半38分ルーニーのW杯初ゴールで突き放す!
ということで3-1。

■1回戦4 ポルトガル(D組1位)0-2オランダ(C組2位)
地力で勝るオランダの勝利。
クリスチアーノロナウド、デコ、フィーゴ。
うん。ポルトガルはゴールデンエイジからの世代交代はうまくいってる様子。
後半28分、今大会オランダで唯一好調のロッベンのヘッド!
後半35分、再びロッベンのゴールで突き放す!!
という感じで0-2。

■1回戦5 イタリア(E組1位)2-0オーストラリア(F組2位)
オーストラリアはクロアチアから2点取ってる。
あの堅いクロアチアから。でも本場のカテナチオは崩せるか!?
後半32分、デルピエロの左足!
後半38分、ジラルディーノのごーーーる!
ということで、オジーはここで敗退2-0。

■1回戦6 スイス(G組1位)1-1(延長後半1-2)ウクライナ(H組2位)
激闘になるだろう。
延長後半開始直後にシェフチェンコのゴールで幕。

■1回戦7 ブラジル(F組1位)3-0ガーナ(E組2位)
ガーナは1次リーグで力尽きているかな。

■1回戦8 スペイン(H組1位)2-0フランス(G組2位)
今のフランスに勝つ力はありません。

■得点王
難しいな。クレスポで。

~~ゴールデンエイジ~~
ゴールデンエイジが今、全盛の国が勝ち残ると思う。
そういう意味では、フランス、ポルトガル、アルゼンチンは少し前にゴールデンエイジは終わった感じ。
98年優勝時のフランス、ルイコスタまわりの高齢化したポルトガル、
ベロン、オルテガ、クラウディオロペスを中心としたアルゼンチン。
この3カ国は次世代かな。だけど、アルゼンチンは現段階でリケルメ中心に最強になっている感じ。
次回はさらに完成された恐ろしいチームになるだろう。
とはいえ、アルゼンチンはまた死の組に入れられるでしょう・・・。

今、ゴールデンエイジで今一番成熟してると言える国は、個人的にだけど、
イングランド、スペイン、オランダ、チェコ、日本。
チェコ、日本はダメだったけど。

今後はどう下の世代との融合を図るかが課題かな。
特にチェコ、日本。
チェコはW杯にこだわったせいで高齢化。
日本は、99年Wユース、シドニーオリンピックのメンバーからの引継ぎが遅れている。
中田、中村、小野、稲本、高原、柳沢、小笠原、中田浩二、アレックス、楢崎・・・・、
いいメンバ。
今回のメンバに若い世代、特にアテネオリンピック代表が選ばれていないのが
気になる。シドニーに出ていた選手はその時点で15人がA代表にも選ばれていて
経験が豊富だった。
経験豊富なのに今回のような気合の入っていない感じはダメ。
全員中田のような根性が欲しかった・・・。
重慶で試合したときのような反骨精神が欲しかった・・・。余談。
アテネ時点では、A代表経験者は大久保、松井、田中達也くらいだったはず。
経験不足は否めない。

とういうことで、今、イングランドがブラジルに対抗できる数少ないチームだと思う。
中盤、底、トップ、サイド、どれをとっても最高レベル。
あと、根性も日本と違って最高レベル。
ベッカム、ルーニーがうまくかみ合えば負けない。
クラウチにつけるディフェンダはいま世界にいるのか?
ということで、イングランドの優勝こい!

| スポーツ観戦::サッカー2006ワールドカップ | 06:15 PM | comments (0) | trackback (0) |










 認証キー入力 画像の4桁の英数字を入力してください。(英字は大文字)
http://masa.vis.ne.jp/blog/tb.php/356

PAGE TOP ↑